船橋コーヒータウン化計画 -船橋市を美味しいコーヒーで溢れる街へ-

Go Coffee Town Funabashi Project

BROWN SOUND COFFEE(ブラウンサウンドコーヒー)

約 3 分
BROWN SOUND COFFEE(ブラウンサウンドコーヒー)

住宅街に忽然と表すオシャレな店構え。
千葉工大を超えた路地を入っていくと1軒だけ明らかに異なる雰囲気を発するお店が見つかる。

ブラウン・サウンド・コーヒー

“BROWN SOUND”とは、筆者のようなロックギターリストに憧れた世代の人間であれば聞いたことがある言葉であるが、ウォーミーで包み込むようなサウンドを示す感覚で捉えている。

偉大なギターリスト、ヴァン・ヘイレンのエディーが自身のギターの音色の表現として「ウォームサウンド」と併せて使っていた言葉である。

お店のホームページにも記載されているが、その言葉をコーヒーに置き換えた空間。
実際に訪れてみて感じたコーヒーが奏でるブラウンサウンドを紹介したい。

http://brownsoundcoffee.com/about/

〜人にひと時の温もりを与えてくれるもの〜

店内は、シンプルな空間ながらも細々とした配慮が施されている。

例えば、真ん中のテーブルには、コンセントのプラグが備え付けられていたり、またそのテーブルの下には手荷物を吊るすことができるようになっていたりと、椅子一つをとってみてもここで過ごす「人」を想像して細かな配慮があることがすぐにわかる。

店内には、ブルージーなロックサウンドが頭の上を心地よく抜けていき、贅沢なマグで提供されるスペシャリティコーヒーは、最初の口当たりから柔らかく、また冷めるとアロマが増す。

うっかり読んでる本に集中していたとしても、最後まで美味しくいただける。
そんな気遣いのあるコーヒーなのである。

カウンターに立つ息才さんも「居心地を大事にしています」と、人柄柔らかく、ついつい長居をしてしまう。

訪れたのは夜。
思わず、雨が降っていたら良かったのに。

そんな風に思うほどにしっとりとした空間は優しさに包まれていて、晴れの昼間も穏やかな空気が漂っていることが安易に想像できる。

人気のパニーニは売り切れ次第終了
可愛いオリジナルグッズ。
若き女性オーナーの息才さん。
店舗情報
BROWN SOUND COFFEE(ブラウンサウンドコーヒー)
〒275-0016 千葉県習志野市津田沼2丁目8−11
●営業時間 10:00~19:00 (ラストオーダー18:15)
●定休日 月曜・木曜
HP http://brownsoundcoffee.com/
Facebook https://www.facebook.com/Brown-Sound-Coffee-509787729169489/
instagram https://www.instagram.com/brownsoundcoffee/